事業

米国土地開発融資機会 (LAD)

土地取得および開発融資の発展

住宅建設業者および開発業者は、広大な土地を購入して保有する従来の方法から、「カンバン方式」モデルを好むようになりつつあります。今日においては、即時に行われる開発、あるいは短期的な開発を目的として土地が購入されています。しかし、住宅建設業者および開発業者が長期的な開発を目的とした土地取得を視野に入れ始めていることから、「カンバン方式」アプローチを導入する絶好の機会であると言えます。ここで、ウォルトンの出番となります。当社は、全米トップクラスの住宅建設業者や開発業者と協力し、これら業者が掲げるビジネスの目的に合う条件で、専用の土地在庫システムを提供するための買収・売却戦略を開発しました。

 

 

固定金利による融資

米国土地開発融資機会は固定金利となっており、定期的な分配金の支払いにより収入を得ることが可能となります。この融資は、ウォルトン社のグループ会社によって借り入れられ、住宅建設業者および開発業者に売却するための土地を取得する目的で使用されます。この融資は、同土地を担保としており、借り手は追加の負債を負うことはありません。借り手が住宅建設業者または開発業者に土地を売却した際の収益は、融資の返済に充てられます。住宅建設業者および開発業者が住宅や宅地を販売し、不動産売買契約に基づいて借り手に支払いが行われることにより、定期的に融資返済が行われる予定となっています。

 

プロセス

米国土地開発融資機会の対象となるのは、北米の成長市場に位置する土地の取得です。借り手であるウォルトン社のグループ会社は、あらかじめ特定された土地を取得し、直ちにその土地を住宅建設業者および開発業者に売却するためのオプション契約を締結しますが、その際、段階的な開発を伴う場合もあります。借り手は、土地の譲渡時に建設業者および開発業者から頭金を受け取り、土地や住宅が販売される度に、繰延べた支払いを受け取ります。借り手は、その収益を米国土地開発融資機会の返済に充てることとなります。