投資戦略

投資戦略

拡大する成長著しい米国都市に投資

ウォルトンは創立当初、多額の資本を投じてカナダの土地を取得しました。 その後当社は2007年に事業の中核をカナダから移し、当時の米国経済の後退を利用し、以後85,000エーカー以上を取得しました。

米国経済は、人口、世帯形成および、雇用創出の増加に牽引され、長期的に安定した成長を遂げると予想されます。人口増加による住宅需要を満たすため、米国の拡大する成長著しい都市に位置する即座の開発が可能な土地に大きな需要が生まれると予想されます。

ウォルトンの包括的な土地調査手法や未開発地取得の無借金モデルおよび、当社の40年を超える実績により蓄積した幅広い知識は、当社の投資特質に合った未開発地の戦略的取得に向けて活用できる強みとなっています。

住宅建設業者と連携して現在と未来の世代のためにコミュニティに還元する

未開発地資産の調査、取得に加え、全米大手および地域に根ざした住宅建設業者や開発業者に対する不動産資産売却と収益化もまた、ウォルトンの投資戦略の基盤となっています。

ウォルトンの資産管理モデルは、北米における未開発地資産の売却に向けて、大手住宅建設業者や開発業者との取引構築に尽力しています。

土地利用計画と許認可取得に対する長期的な取り組みにより、ウォルトンは住宅建設業者や開発業者と協力し、現役・将来世代の故郷として、時代を超え生き続けるサステナブル(持続可能)なコミュニティを創り続けています。