経営陣

グローバル事業運営を取り締まる経験豊富な経営陣

経営幹部

ウォルトン・グローバル・インベストメント・リミテッドのCEOとして、ウィリアム(ビル)・ドハーティは過去20年にわたり企業戦略の陣頭指揮を執ってきました。ドハーティの先駆的な指導により、ウォルトンの投資活動は大きく展開し、米国、アジア、欧州へ進出しました。ドハーティのリーダーシップの下で、ウォルトンは北米大手の不動産投資・開発グループへと成長しました。ドハーティは、当社が管理する物件の土地利用計画・開発を統括し、大手の国債投資銀行、ブローカーディーラー、ファイナンシャルアドバイザー、機関投資家とウォルトンの提携強化に尽力しています。

ケイト・カミンスキ、ウォルトン・グローバル・ホールディングス・リミテッド最高執行責任者。カミンスキは、ウォルトンの、目標を達成するため日々の経営・運営とすべてのシステムや資源・資金および、人々を適材適所に配置する責任を負います。2007年にウォルトンに入社する以前にカミンスキはアリゾナ州フェニックスの新しい建設会社エリート・コミュニティーズのセールス&マーケティング部門に勤めました。そこでは、米国大手小売業者向けの戦略的販売開発と広報を担当しました。

レベッカブルースはウォルトングローバルの最高財務責任者ですブルースは2009管理としてウォルトンに入社2020年に最高財務責任者に就任いたしました。財務戦略、会計、財務、税務管理しています ブルースはアーンストヤングLLP保証およびアドバイザリービジネスサービス業務のマネージャーでありチャータードアカウンタントの指名、記事執筆しました

ライアン・J・クレッチマーは、ウォルトン・グローバル・ホールディングス・リミテッドの執行役員執行役員副社長且つ、法律顧問を務めています。クレッチマーは2011年にウォルトンに入社し、米国内および、米国に関連する法務の管理および、助言を行っています。ウォルトンに入社する前は、アリゾナ州フェニックスの国際法律事務所で企業、証券、不動産に関わる弁護士をしていました。

トッド・ウッドヘッドはウォルトン・グループ・オブ・カンパニーズの業務担当執行役員副社長兼所長です。米国事業運営を監督し、クライアントとパートナーとの関係維持・発展に努め、投資戦略の執行を支援しています。前職は、カリフォルニアのフォーチュン500に入るテック企業で地域セールスマネージャーを務め、財務およびハイテク市場の管理を行っていました。

ポール・メグラーはウォルトン・グループにおけるキャピタルマーケット・戦略的事業提携の代表取締役副社長です。アセットマネジメント・チームと協同して新規土地取得とウォルトン管理物件の販売に向けた住宅建設業者との業務提携の拡大を先導しています。また、ポールはウォルトン運営費のための世界的な機関投資家資金調達にも携わっています。

ウォルトン入社以前は、KBホーム社にて不動産・ビジネス開発部の部長として企業の合併・買収、全国的な土地戦略と資金調達提携に注力していました。それ以前はJMP証券にて専務取締役として住宅建設業者や開発業者のための不動産投資を専門としていました。ポールはUSLA経営管理大学院にて経営学修士を取得し、マイアミ大学の経営情報システム科にて理学士号を取得しました。

トニーはカナダでアカウントマネージャーとして2001年にウォルトンに入社し、ウォルトン・ランド・インベストメントのセールス&マーケティングを担当していました。トレーニングやマーケティング、および経営・運営部署も統括していました。ウォルトン・グローバル・アンド・デベロップメント・アンド・マネジメントL.P. と共同での新規提携先開発、将来的なプロジェクトの株式投資に向けた資金調達、カナダ西部のカナダ投資事業規制機構ブローカーに対するウォルトンの目論見書基盤商品の販売促進を担当ました。トニーは当社において様々な上級管理職に就いてきました。現職を担当する前は、直近では20184月から東南アジア地域にてウォルトンのCOOを務め、それ以前の20155月から20184月にかけては、ウォルトン・インターナショナル・グループ(カナダ)の社長を務めました。トニーは、販路開発、経営・運営、マーケティングおよび営業においても上級管理職務を務めました。

トニーはウォルトン入社以前、1991年から1995年までナビスコの一部門であるクリスティー・ブラウン・アンド・カンパニーのアカウントマネージャー、1995年から2001年までユニリーバ・カナダの一部門であるリプトンでアカウントマネージャーなど、大手企業でセールス&マーケティングを中心とするさまざまな職務を務めました。

Matt Keister is the Senior Vice President of Business Development for Walton. His primary responsibilities include the expansion and implementation of new initiatives throughout the Walton Group of Companies.

Matt originally joined Walton in 2004, where he established the company's first U.S. office in Phoenix, Arizona. He was also responsible for developing strategic partnerships throughout the country while growing the operation as Chief Operating Officer and then President of Walton USA. In 2015, Matt moved into a global leadership role where he supported various regions in their growth and product development. Matt left Walton in 2017 to pursue other opportunities and rejoined the organization in May 2021. 

Matt's previous experience includes living and working in Hong Kong and Beijing where he was responsible for the sales and marketing of a regional sports management firm overseeing events throughout Asia. During that time, Matt supported the establishment of the Chinese National Basketball Association and led the operations for the league which had 8 teams throughout mainland China in its inaugural year.

Clara Chong is the Senior Vice President of Human Resources leading the Human Resources (HR) department for the Walton Group of Companies for North America responsible for recruitment, payroll, benefits and commission payments. She provides overall guidance to the operational activities of the organization while collaborating with the various entities within the organization. In addition to her primary role, Clara is a Privacy Officer ensuring compliance with Walton’s privacy policy and applicable privacy legislation, she is also a notary public and a mortgage broker for the Walton Group of Companies.

Clara joined Walton in 1993. Since that time, she held various positions within the company including Director of Asia Operations and General Manager for Walton's Hong Kong office; she played a key role in helping build Walton's administrative operations in Southeast Asia. Prior to joining Walton, Clara held senior office administration positions in many well-known, multinational companies in Asia including a major trading company, a petroleum manufacturing company and a travel agency. 

Raised and educated in Hong Kong, Clara received a Master of Business Administration from Asia International Open University.

Hector Meza is the Vice President of Real Estate Transactions for Walton. In this role, Hector assists with the review of diligence material for real estate acquisitions and dispositions. He also manages the title and escrow process for all real estate transactions and real estate finance transactions pertaining to U.S. properties. Hector has been with Walton since 2008 and has 23 years of prior experience working with a national title company.

不動産資産管理チーム

ウォルトン・グローバル・ホールディングス・リミテッドの土地担当専務取締役としての役割において、バリー・ドルゼンは、米国内における取得物件の特定と、市場分析、財務モデルの作成、デューデリジェンスの見直し、競合他社情報の収拾と分析および、実行可能性から売買決済の実行に至る土地取得の管理を行う部署を監督する責任を担っています。ドルゼンはウォルトンで現職務に就くまで住宅建設・開発業界で25年以上の実績を積んできました。

エド・ハドリーは、ウォルトン・グローバル・ホールディングス・リミテッドの西部担当専務取締役です。ハドリーは、資産管理及びアリゾナとカリフォルニアの不動産物件開発計画を担当しています。不動産業界において11年のさまざまな実務経験がありその一つは前職のアリゾナのウィリアム・ライオン・ホームズの土地取得部長の職務でした。

ジェニファー・ルビーは2013年にウォルトンに入社し、アリゾナとコロラドの土地を担当する専務取締役に就任しました。彼女は現在約15,000エーカーの資産管理を監督しています。ウォルトンに入社する以前は、複数の住宅建設会社の土地部門で実務経験があります。アリゾナ州立大学W.P.キャリービジネススクールでMBAを取得しました。ジェンは、マリコパ郡計画・土地利用対策委員会とピナル・パートナーシップ・ボードも兼任しており、最近ではULIのウィメンズ・リーダーシップ・イニシアチブの会長として終身在職期間を全うしました。

マイク・ドハーティはウォルトン・グローバル・ホールディングスの上席副社長(土地担当)です。フロリダ州とジョージア州の土地取得を担当しており、米国南部における取得候補地を選定し、調査を行っています。1992年のウォルトン入社以降、香港やシンガポールオフィスにも勤務しました。

David L. Peter is Vice President, Special Projects for the Walton Group of Companies. David oversees a variety of large and complex assets across the Walton portfolio together with the Asset Management and Executive teams.

Prior to joining Walton, David served in a variety of key leadership roles as President of two Divisions of the Republic Family of Companies and as Chief Operating Officer of Geosam Capital US, both prolific and diversified private development platforms, where he led complex entitlements, transaction structuring and operations. Most recently, David was Vice President and Chief Development Officer for WBW Development, a vertically-integrated Texas-based finished lot development enterprise, where he helped to dramaticaĺy grow the portfolio and pipeline while expanding homebuilder relationships.
 
David holds a Bachelor of Business Administration degree from the George Washington University and Juris Doctor degree from the Antonin Scalia School of Law at George Mason University. He is also a member of the Virginia State Bar and has been involved in a variety of advisory and volunteer boards.

ブラッド・ウィリーはウォルトン・グローバル・ホールディングスの土地取得部部長として、テキサス州とアリゾナ州に位置する土地取得に関し、物件の選定から取得までを担当しています。物件の選定、取引条件の交渉、財務モデルの作成、デューデリジェンス期間におけるコンサルタントの管理、並びに物件売買決済の実行に向けた調整などを担っています。ブラッドは住宅建設業界で20年以上の実務経験を積んでいます。

アンソニー・スパローはテネシーとジョージアのウォルトン・グローバル・ホールディングス・リミテッドのジェネラル・マネージャーです。職務経歴として不動産およびビジネス管理に35年の実務経験を持つスパローは、ウォルトン米国チームの主要メンバーです。前職は、キャッスル・アンド・クックの総工費15億ドルのノースカロライナ・リサーチ・キャンパス開発の担当部長を勤めました。2008年にハーベスト・リアル・エステート・アドバイザーズを設立し、住宅1,000軒以上の設置または開発を行いました。スパローは、ジョージアの開発企業であるクレセント・リソーシズ有限責任会社にも勤めました。

アダム・モーマンは中部大西洋岸地域のウォルトン・グローバル・ホールディングス・リミテッドのジェネラル・マネージャーです。モーマンは、土地利用計画および不動産開発に20年の経験を積み、ウォルトンの現在の役割につき、メリーランド、バージニア、ノースカロライナおよびサウスカロライナに位置する14,000エーカーにおよぶ29の土地資産を担当しています。景観設計と土地利用計画の資格を有している彼は、以前はメリーランド州バルチモアにある商用不動産企業のノット・リアルティ・グループで開発プロジェクトマネージャーを務めました。

ロブ・ニクソンはウォルトン・グローバル・ホールディングス・カナダのジェネラル・マネージャーです。ロブ・ニクソンは未開発地および、住宅や商業マスタープラン開発を含むウォルトン・カナダにおける土地を担当し、土地利用計画、基礎工事や施工などを含む土地の取得から売却に至る土地管理・運営を担っています。ウォルトン入社以前に、不動産建設、基礎工事や土地利用計画などに15年間従事し、カナダロッキー山脈における道路やレクリエーションエリアの計画や建設を手がける重機オペレーターとしての経験も兼ね備えています。

アジア経営陣

ギャリー・トムは、アジアのウォルトン・インターナショナル・グループ・リミテッドを統括しています。戦略立案、ビジネス関係構築、予算および売上収益を含め、アジアにおける全事業および営業所を統括しています。ウォルトングループに20年勤続し、それ以前は石油・ガス業界で9年働いていました。電気工学の学位とコンピューターサイエンスの学位を有しています。カナダにおいて、証券や住宅ローンおよび不動産販売資格を保有していました。

ウォルトン・アジアの経営・運営に16年以上の経験を積んだスタンリー・コンは、経営・運営・チームの戦略的方向決定と統括を担っています。クライアントサービス、経理、マーケティング、インベストメントサービス、ITおよびランドサービスなど多岐にわたる部門を統括しています。2018年から、事業展開、特に機関およびジョイントベンチャーの提携も担当しています。

ジェームス・ビューキャナンはウォルトン・シンガポールの上級副社長です。 シンガポール事務所と東南アジアでの事業運営を担当しています。 ジェームスはウォルトン・グループに12年以上勤務し、現在までに、東京、香港、シンガポールのオフィスに勤務しています。 ウォルトンに入社する前は、東京で資産管理、メディア、通信事業に8年以上従事していました。 ジェームスは英国のシェフィールド大学を卒業し、日本語と韓国語の学士号を取得しています。

ティム・ヘイウッドは、ウォルトンでの13年間を含め、金融サービス業界で20年以上の経験があります。 ウォルトンに入社する前は、香港の地域のウェルスマネジメント会社で個人顧客の資産を管理していました。 ティムは18年間香港で働いた後、2019年8月にドバイに移り、アフリカ大陸にもサービスを提供する中東におけるウォルトンの最初のオフィスを設立しました。 現在、彼の使命には、中東におけるウォルトンのビジネス業務を率い、戦略計画を策定し、メディアや他のサービスプロバイダーとの協力を維持して、アラブ諸国および中東市場におけるウォルトンの販路を拡大することが含まれます。

フェニー・メイナードはシンガポールオフィスにて営業部長を務め、アセアン地域の営業活動を統括しています。フェニーはトレーニング、営業計画、営業戦略の実施および、新規市場開拓を専門としています。2003年に入社後、営業と営業開発にて優れた実績を残してきました。ウォルトンに入社以前はエンジニアとして複数の企業にて成功を納めました。彼女はナヤンテクノロジー大学にてアセアン学者としての学士号を取得しています。

Alice joined Walton in October 2020 as Vice President, Institutional Sales – Capital Market (APAC). In her role , she leads and executes fund raising strategy and cultivates Walton's brand recognition within the institutional market in the APAC region. Since joinging Walton, Alice assists Walton in establishing relationships with institutional clients and will continue to work on various fund products for the company.

Prior to joining Walton, Alice held senior roles in various real estate asset managment, wealth management company and real estate consulting firms in China, Singapore and Hong Kong. She has over 20 years’ experience relating to the full cycle of real estate development, particularly in finance, capital markets, real estate investment and asset management.

Alice holds a Bachlor Degree of Business Administration, Finance from the Simon Fraser University of Canada.

Athena is responsible for driving collaboration and ensuring effective day-to-day operations for all departments supporting the northeast Asia regional operations and sales activities.

Her role is focused on prioritizing objectives and implementing scalable solutions to achieve organizational goals by refining policy and procedures, optimizing resources and operating systems, and ensuring training is appropriately handled on a company-wide level.

Athena joined Walton in 2010 and holds a Masters in Biochemistry from the University of Bath.