経営陣

グローバル事業運営を取り締まる経験豊富な経営陣

経営幹部

ウォルトン・グローバル・インベストメント・リミテッドのCEOとして、ウィリアム(ビル)・ドハーティは過去20年にわたり企業戦略の陣頭指揮を執ってきました。ドハーティの先駆的な指導により、ウォルトンの投資活動は大きく展開し、米国、アジア、欧州へ進出しました。ドハーティのリーダーシップの下で、ウォルトンは北米大手の不動産投資・開発グループへと成長しました。ドハーティは、当社が管理する物件の土地利用計画・開発を統括し、大手の国債投資銀行、ブローカーディーラー、ファイナンシャルアドバイザー、機関投資家とウォルトンの提携強化に尽力しています。

ケイト・カミンスキ、ウォルトン・グローバル・ホールディングス・リミテッド最高執行責任者。カミンスキは、ウォルトンの、目標を達成するため日々の経営・運営とすべてのシステムや資源・資金および、人々を適材適所に配置する責任を負います。2007年にウォルトンに入社する以前にカミンスキはアリゾナ州フェニックスの新しい建設会社エリート・コミュニティーズのセールス&マーケティング部門に勤めました。そこでは、米国大手小売業者向けの戦略的販売開発と広報を担当しました。

ライアン・J・クレッチマーは、ウォルトン・グローバル・ホールディングス・リミテッドの執行役員執行役員副社長且つ、法律顧問を務めています。クレッチマーは2011年にウォルトンに入社し、米国内および、米国に関連する法務の管理および、助言を行っています。ウォルトンに入社する前は、アリゾナ州フェニックスの国際法律事務所で企業、証券、不動産に関わる弁護士をしていました。

トッド・ウッドヘッドはウォルトン・グループ・オブ・カンパニーズの業務担当執行役員副社長兼所長です。米国事業運営を監督し、クライアントとパートナーとの関係維持・発展に努め、投資戦略の執行を支援しています。前職は、カリフォルニアのフォーチュン500に入るテック企業で地域セールスマネージャーを務め、財務およびハイテク市場の管理を行っていました。

トニーはカナダでアカウントマネージャーとして2001年にウォルトンに入社し、ウォルトン・ランド・インベストメントのセールス&マーケティングを担当していました。トレーニングやマーケティング、および経営・運営部署も統括していました。ウォルトン・グローバル・アンド・デベロップメント・アンド・マネジメントL.P. と共同での新規提携先開発、将来的なプロジェクトの株式投資に向けた資金調達、カナダ西部のカナダ投資事業規制機構ブローカーに対するウォルトンの目論見書基盤商品の販売促進を担当ました。トニーは当社において様々な上級管理職に就いてきました。現職を担当する前は、直近では20184月から東南アジア地域にてウォルトンのCOOを務め、それ以前の20155月から20184月にかけては、ウォルトン・インターナショナル・グループ(カナダ)の社長を務めました。トニーは、販路開発、経営・運営、マーケティングおよび営業においても上級管理職務を務めました。

トニーはウォルトン入社以前、1991年から1995年までナビスコの一部門であるクリスティー・ブラウン・アンド・カンパニーのアカウントマネージャー、1995年から2001年までユニリーバ・カナダの一部門であるリプトンでアカウントマネージャーなど、大手企業でセールス&マーケティングを中心とするさまざまな職務を務めました。

レベッカ・ブルースはウォルトン・グローバル・インベストメント・リミテッドの財務・会計担当上級副社長です。ブルースは2009年に経営管理としてウォルトンに入社し、現在は専門の会計士のチームで財務戦略、会計、財務、税務を管理しています。 ブルースは、アーンスト&ヤングLLPの保証およびアドバイザリービジネスサービス業務のマネージャーであり、チャータードアカウンタントの指名を受け、記事を執筆しました。

不動産資産管理チーム

エド・R (エド)・フレミングは、ウォルトン・グローバル・ホールディングス執行役員副社長(東部)です。ワシントンDCからオーランドに至る現在保有物件35,000エーカーの管理を含め、米国東部の管理対象にある資産に関するすべての活動を統括しています。フレミングの前職は、米国陸軍に25年勤続という輝かしい職歴を持ち、ここでは米国が直面する最も差し迫った注目を集めるインフラのいくつかを管理していました。フレミングは、イラク、アフガニスタン、コソボなどの戦闘配備された世界中多くの戦地に赴き、ドイツ、韓国、ニューオリンズ、ワシントンDCなどでの任務を行いました。

ウォルトン・グローバル・ホールディングス・リミテッドの土地担当専務取締役としての役割において、バリー・ドルゼンは、米国内における取得物件の特定と、市場分析、財務モデルの作成、デューデリジェンスの見直し、競合他社情報の収拾と分析および、実行可能性から売買決済の実行に至る土地取得の管理を行う部署を監督する責任を担っています。ドルゼンはウォルトンで現職務に就くまで住宅建設・開発業界で25年以上の実績を積んできました。

エド・ハドリーは、ウォルトン・グローバル・ホールディングス・リミテッドの西部担当専務取締役です。ハドリーは、資産管理及びアリゾナとカリフォルニアの不動産物件開発計画を担当しています。不動産業界において11年のさまざまな実務経験がありその一つは前職のアリゾナのウィリアム・ライオン・ホームズの土地取得部長の職務でした。

ジェニファー・ルビーは2013年にウォルトンに入社し、アリゾナとコロラドの土地を担当する専務取締役に就任しました。彼女は現在約15,000エーカーの資産管理を監督しています。ウォルトンに入社する以前は、複数の住宅建設会社の土地部門で実務経験があります。アリゾナ州立大学W.P.キャリービジネススクールでMBAを取得しました。ジェンは、マリコパ郡計画・土地利用対策委員会とピナル・パートナーシップ・ボードも兼任しており、最近ではULIのウィメンズ・リーダーシップ・イニシアチブの会長として終身在職期間を全うしました。

取締役として、ウォルトン・グローバル・ホールディングス・リミテッドの物件取得および売却を担当するブラッド・マーティンは、新たな取得機会を掘り起こし、商業用不動産資産の販売を統括しています。ブラッドは前職において、ケトラー・アンド・ベクテルで米国とカナダ全土の大規模商業用不動産・インフラプロジェクトの開発・資金調達に重点的に取り組んできました。ブラッドは、ウェストポイント陸軍士官学校、フロリダ州立大学およびマサチューセッツ工科大学を卒業しました。米国空軍の兵役経験者です。

アンソニー・スパローはテネシーとジョージアのウォルトン・グローバル・ホールディングス・リミテッドのジェネラル・マネージャーです。職務経歴として不動産およびビジネス管理に35年の実務経験を持つスパローは、ウォルトン米国チームの主要メンバーです。前職は、キャッスル・アンド・クックの総工費15億ドルのノースカロライナ・リサーチ・キャンパス開発の担当部長を勤めました。2008年にハーベスト・リアル・エステート・アドバイザーズを設立し、住宅1,000軒以上の設置または開発を行いました。スパローは、ジョージアの開発企業であるクレセント・リソーシズ有限責任会社にも勤めました。

ジェイソン・クーパーは、テキサスおよびオクラホマシティを含む米国中部の土地資産を管理する、ウォルトン・グローバル・ホールディングス・リミテッドのジェネラル・マネージャーです。仲介、開発、許認可取得、賃貸および土地投資を含め、不動産業界で20年の実務経験があります。クーパーの前職は、土地投資と開発を専門とする機関投資家を対象としたテキサスとコロラドの投資担当責任者でした。

ウォルトン・グローバル・ホールディングス・リミテッドのジェネラル・マネージャーとしてのラリー・ライヒハルトの役割は、ダラス/フォートワースのウォルトン資産の開発計画と許認可取得業務および、テキサスとオクラホマの資産すべての取得から売却に至るまでの運営・管理です。ライヒハルトは、登録景観設計士(RLA)および認定都市プランナー(ACIP)として、それぞれの分野で官民セクター合わせて35年の実務経験があります。前職は、民間の開発計画および景観設計企業であるスプリング・ブルック・プラニング・グループの代表でした。

開発担当ジェネラル・マネージャーであるマイク・ミラーは、ウォルトン・グローバル・ホールディングス・リミテッドに就職する以前に、25年以上の経営実務経験を積んでいます。設計、承認、開発および建設プロセス管理に関与するすべての関係各者との調整案内業務を担っています。2015年のウォルトン入社以前、米国陸軍経験者であり、ウェストポイントの卒業生でもある彼は、米国陸軍工兵部隊に奉職し、評価額2.1億ドルの複数のエバーグレード復旧計画の建設を監督しました。

アダム・モーマンは中部大西洋岸地域のウォルトン・グローバル・ホールディングス・リミテッドのジェネラル・マネージャーです。モーマンは、土地利用計画および不動産開発に20年の経験を積み、ウォルトンの現在の役割につき、メリーランド、バージニア、ノースカロライナおよびサウスカロライナに位置する14,000エーカーにおよぶ29の土地資産を担当しています。景観設計と土地利用計画の資格を有している彼は、以前はメリーランド州バルチモアにある商用不動産企業のノット・リアルティ・グループで開発プロジェクトマネージャーを務めました。

アジア経営陣

ギャリー・トムは、アジアのウォルトン・インターナショナル・グループ・リミテッドを統括しています。戦略立案、ビジネス関係構築、予算および売上収益を含め、アジアにおける全事業および営業所を統括しています。ウォルトングループに20年勤続し、それ以前は石油・ガス業界で9年働いていました。電気工学の学位とコンピューターサイエンスの学位を有しています。カナダにおいて、証券や住宅ローンおよび不動産販売資格を保有していました。

ウォルトン・アジアの経営・運営に16年以上の経験を積んだスタンリー・コンは、経営・運営・チームの戦略的方向決定と統括を担っています。クライアントサービス、経理、マーケティング、インベストメントサービス、ITおよびランドサービスなど多岐にわたる部門を統括しています。2018年から、事業展開、特に機関およびジョイントベンチャーの提携も担当しています。

ジェームス・ビューキャナンはウォルトン・シンガポールの上級副社長です。 シンガポール事務所と東南アジアでの事業運営を担当しています。 ジェームスはウォルトン・グループに12年以上勤務し、現在までに、東京、香港、シンガポールのオフィスに勤務しています。 ウォルトンに入社する前は、東京で資産管理、メディア、通信事業に8年以上従事していました。 ジェームスは英国のシェフィールド大学を卒業し、日本語と韓国語の学士号を取得しています。

ティム・ヘイウッドは、ウォルトンでの13年間を含め、金融サービス業界で20年以上の経験があります。 ウォルトンに入社する前は、香港の地域のウェルスマネジメント会社で個人顧客の資産を管理していました。 ティムは18年間香港で働いた後、2019年8月にドバイに移り、アフリカ大陸にもサービスを提供する中東におけるウォルトンの最初のオフィスを設立しました。 現在、彼の使命には、中東におけるウォルトンのビジネス業務を率い、戦略計画を策定し、メディアや他のサービスプロバイダーとの協力を維持して、アラブ諸国および中東市場におけるウォルトンの販路を拡大することが含まれます。

ワイワイはシンガポールオフィスにて営業部長を務め、アセアン地域の営業活動を統括しています。目標の設定、新商品のトレーニング、営業トレーニングおよび、営業開発です。前職はシンガポールエアラインに務めていました。彼女はイギリスのミドルセックス大学にてビジュアルコミュニケーションズを学びました。

 

フェニー・メイナードはシンガポールオフィスにて営業部長を務め、アセアン地域の営業活動を統括しています。フェニーはトレーニング、営業計画、営業戦略の実施および、新規市場開拓を専門としています。2003年に入社後、営業と営業開発にて優れた実績を残してきました。ウォルトンに入社以前はエンジニアとして複数の企業にて成功を納めました。彼女はナヤンテクノロジー大学にてアセアン学者としての学士号を取得しています。