事業

未開発地への投資

ウォルトンの土地投資商品の強み

ウォルトンの資産構成は、世界中の投資家に代替投資機会を提供します。即座の開発が可能な多くの資産から、考え抜かれた入念な調査や土地取得に先立つ計画に至るまで、ウォルトンは投資家に対し、高いリターンをもたらすことが可能な数多くの機会を提案しています。当社の資産は、北米の広い地理的領域に広がり、戸建住宅からマンション、商業用途から工業用途までさまざまな種類の物件を含みます。

取得前の広範な調査

土地を買収する前に、ウォルトンは人口や雇用の成長率や将来の住宅需要を含め、土地の需要をけん引する市場動向や要因の査定を行います。地理情報システムGIS技術を活用し、環境、行政およびインフラ上の制約を含む開発上の制限を確認します。さらに、第三者専門機関へ市場や取得対象の個々の物件に対するデューデリジェンスを依頼します。この体系的な土地取得手法を通じて、投資家へのリターン実現に向け、将来の開発に適した土地を選定します。

未開発地資産

ウォルトンの専門チームは、土地を購入し、開発に着手する住宅建設業者や開発業者を引き付けるために、必要な許認可の取得に取り組んでいます。現在、ウォルトンの土地資産の大半は、既に開発に必要な地目が設定され、許認可を取得しているため、即時の開発が可能です。

物件売却戦略

ウォルトンの物件売却戦略は、投資家に代わり、さまざまな物件売却構造を通じて大手または、地域に根ざした建設業者や開発業者に物件を販売し、現金化することです。ウォルトンはこれまでの実績において、18億米ドル以上の物件売却を行っており、最適な資産の買い手を特定することを得意としています。