ニュースルーム

ウォルトン・インターナショナル・グループの北米土地投資における成功の秘訣

2020/02/27

ウォルトン・インターナショナル・グループは、北米を拠点とする不動産投資・管理会社で、米国及びカナダに位置する106000エーカー以上の土地を管理、運営しています。当グループは、財務的な柔軟性を活用し、大手建設業者及び開発業者の土地在庫の保有を抑える戦略に対応する、新しいアプローチを提供しています。

40年以上の経験を誇るウォルトン・グループの規律あるアプローチ及び独自の業界ソリューションは、代替資産で投資ポートフォリオを多様化しようとする投資家を引き付けています。ウォルトン・グループが北米23の主要市場に保有する土地資産は、様々な地目設定による179のマスター・プラン型コミュニティで構成されており、これら地域の安定した経済成長を活かした独自の土地投資機会を世界中の投資家に提供しています。

 

独自の土地調査による最適な土地探し

 

ウォルトン・グループの土地投資戦略の中核を成すのは、売却を重視した未開発地です。適切な土地を見極めることから始まり、複数の段階を経て未開発地への投資を行っています。最低でも2年以上をかけて候補地の調査及び評価を行い、「成長が見込める」土地を特定します。この多層的なデューデリジェンスプロセスによって、環境、地理的、政治的、経済的要因を分析し、土地プロジェクトの開発可能性を判断します。

 

独立専門機関との厳格なデューデリジェンスプロセスと並行して、米国の大手住宅建設業者(以下「建設業者」)が新しい土地の評価及びプロジェクトの財務状況の検討を行い、最終的に当建設業者が土地所有者から将来的に土地を購入することを可能にする優先交渉同意書(以下「EFA」)を締結します。

 

米国都市圏のマクロ経済分析は、住宅需要を継続して正確に予測する上で特に重要となります。このような徹底した調査プロセスは、投資家及び開発業者双方の、土地、そしてその土地の将来的な成長及び発展可能性に対する包括的な理解を深めるもので、土地投資の最終的な成功には不可欠なものです。

 

売却戦略策定済み未開発地投資における経験豊富な専門家

 

この厳格な土地調査のプロセスを経た後、北米、アジア、ヨーロッパ、中東に広がるウォルトン・グループのビジネスパートナーを含む販売チャンネル通じて、土地の販売が行われます。ウォルトン・グループは2008年以来、米国の成長著しいサンベルト地域に位置する85,000エーカーを超える土地を取得してきました。保有期間中は、土地の管理、運営を行い、土地所有者に代わって事前承認を受けた計画を実施し、投資家に対してプロジェクトに関する定期的な進捗情報を提供しています。

 

戦略的な土地在庫ソリューションと強力なパートナーシップ

 

ウォルトン・グループの戦略的な土地資産ポートフォリオは、北米における土地開発需要の高まりに適応したものです。特に米国では、経済、雇用、人口の拡大と増加が続く中、住宅需要がますます高まっています。米国では、毎年300万人ほど人口が増加しており、1959年以降、年間平均で130万戸の住宅着工が行われています。継続的な住宅需要は、人口及び住宅着工許可件数の増加が著しい市場の土地所有者に素晴らしい機会を提供しています。住宅建設業者及び開発業者が開発に向けて土地を取得することによる、主要成長地域に位置する開発可能な土地への著しい需要は、土地投資家に対して収益性の高い売却戦略を提供することを可能とします。

 

ウォルトン・グループは長年にわたり、未開発地資産を収益化するために、トップクラスの建設業者や開発業者と様々な取引構造の構築に取り組んできました。現在では、住宅建設業界の社会的な変化に伴い住宅建設業者及び開発業者が土地在庫の保有を抑える戦略に注力するようになったため、ウォルトン・グループは業界の課題に対応した革新的なソリューションを提供しています。ウォルトンの新しいアプローチは、段階的に土地を取得するための財務的な柔軟性を建設業者に提供します。結果、投資家はより早い段階で段階的に投資収益を得ることが可能になりました。現在までに、ウォルトン・グループは116のプロジェクトを売却し、15億米ドル以上を世界の投資家に分配しています。

 

イノベーションによる多様化

 

変化する投資家の需要に対応するため、ウォルトンは革新的なオプション契約開発ファンド(以下「BOLD ファンド」)により、投資ソリューションをさらに多様化しました。BOLDファンドは、成長を続ける米国の住宅建設市場に参入する機会を投資家に提供しています。当ファンドは、米国の大手住宅建設業者と協力し、短期的な住宅開発のために土地を取得した上で、調整可能な開発スケジュール及び柔軟な融資オプションを付加し、住宅建設業者に段階的に売却します。投資家は、住宅が建設され、段階的に販売されることで、毎年分配金を受け取ることになります。

 

ウォルトン独自の投資ソリューションによって、従来機関投資家が独占していた土地投資に個人投資家がアクセスできるようになりました。ウォルトンによる土地資産の調査、販売、そして収益化における40年に渡る経験は、北米最大級の不動産資産運用会社としての地位の確立に貢献してきました。ウォルトンの売却重視の未開発地プロジェクト及びBOLDファンドは、投資家のニーズ、そして投資家の革新的かつ収益性の高い投資商品への需要に応えながら、今後も進化を続けていきます。