ニュースルーム

住宅建設用土地取得のための新ファンド

National Mortgage Professional Magazine, 2019/12/16

不動産投資・アセットマネジメント会社のウォルトンは、初の住宅建設業者とのオプション契約土地開発ファンド(BOLDファンド)を発表した。当ファンドは、将来的に米国住宅業者に販売するための土地を取得することを投資目的としている。


出口戦略策定済みの短期住宅開発プロジェクトに向けて大手住宅建設業者が特定した物件を取得する予定だ。将来的に同住宅建設業者への段階的な土地の販売を予定している。なおこれら業者は、調整可能な開発スケジュールと柔軟な支払い方法を選択することが可能。住宅建設業者が住宅を販売することにより、BOLDファンド投資家へは毎年分配金が支払われる予定である。