ニュースルーム

D.R.ホートン社、フロリダ州にタウンハウスの増設を検討

GrowthSpotter, 2021/07/13

D.R.ホートン社は、フロリダ州アトリア・アット・リッジウッド・レークスに隣接するグレイストーン・ウェスト地区に335戸のタウンハウスを建設します。(デューベリー)

D.R.ホートン社は、デンバーポート二次市場に引き続き進出しており、リッジウッド・レークスのデル・ウェッブ・オーランド周辺に573戸のタウンハウス建設を計画しています。先月、D.R.ホートン社はウォルトン・ディベロップメント社に450万ドルを支払い、国道27号線とリッジウッド・レークス・ブルバードに位置するデブコ72計画単位開発の一部を購入しました。アビソン・ヤング社副社長であるローソン・ダン氏は、以前ウォルトン社の物件を掲載していましたが、デブコ72の20エーカー以外の部分については、同社が直接D.R.ホートン社との取引を仲介したと述べています。

デブコ72は、2016年にポーク郡より開発許認可を付与されており、タウンハウス、アパート、商業施設を備えた複合開発として提案されています。D.R.ホートン社は、スターライト・ホームズ社のマディソン・プレース・タウンハウス・コミュニティに接する31エーカーの土地に238戸のタウンハウスを建設するための承認を申請しています。

D.R.ホートン社は、国道27号線とリッジウッド・レークス・ブルバードに位置するデブコ72の土地に対して、450万ドルを支払いました。同住宅建設業者は238戸のタウンハウスを建設するための承認を申請しています。(デューベリー)

2件目のプロジェクトは、今週中に売却が完了する予定です。アトリア・アット・リッジウッド・レークスはリッジウッド・レークス・ブルバードの北側、デブコ72のすぐ東側に位置しています。販売主であるCGランド・サービス社のトム・チャップマン氏およびマイク・ガルビン氏は、先日、同113戸から成るタウンハウス・コミュニティの最終図面を提出しました。

「住宅の値段が上がったため、多くのタウンハウスが建設されるようになりました。建設費用があまりにも上昇したため、多くの人々は購入することができません」とチャップマン氏は述べています。

D.R.ホートン社は、秋にオープンを予定しているアトリア・アット・リッジウッド・レークスに対する関心を既に目の当たりにしています。D.R.ホートン社は、「エクスプレス・ホームズ」ブランドから、1,673平方フィート以上の2つの間取りを提供する予定ですが、価格は公表していません。同社の第2四半期の財務報告書によると、D.R.ホートンブランドの住宅は平均販売価格が32万ドルであるのに対し、エクスプレス・ホームズは26万ドルとなっています。

グレイストーン・ウェストは、アトリア・アット・リッジウッド・レークス・プロジェクトに隣接する40エーカーの土地に、アメニティーセンター、公園、2つの雨水池を備えた222戸のタウンハウスを建設します。タウンハウスの大きさは、幅20フィート、奥行き100フィート、面積2000平方フィートとなっています。ポーク郡の開発審査委員会は、7月1日にD.R.ホートン社の担当者と協議を行い、敷地計画、そしてデブコ・プロジェクトおよびグレイストーン・ウェスト・プロジェクトに関連する様々な環境問題について議論しました。オーランドを拠点とするデューベリー社は、デブコ72タウンハウスおよびグレイストーン・ハウス・ホームの両方のエンジニアおよびプロジェクトマネージャーを担当しています。また、ユニバーサル・エンジニアリング・サービス社が地盤工学のコンサルタントを務めています。

リッジウッド・レイクスのDRI(Developments of Regional Impact = プロジェクトを実現するための環境がその地域にできているかを評価するもの)が最初に承認されたのは35年以上も前のことです。

グローススポッターの編集者、ローラ・キンズラー氏より当レポートをご寄稿いただきました。