ニュースルーム

ビジネスブリーフケース

West Valley View, 2020/04/28

以下の情報単独では、以前の日常が戻ってくる確かな兆しとはなりませんが、楽観視できる「根拠」となるでしょう。

エイボンデール市の新規ビジネスの開業に伴い、バッカイ市に1,000戸の住宅建設をもたらす大規模な土地の売却について公表されます。

414日、エイボンデール市はモダン・グラインド・コーヒーの「バーチャル起工式」を行いました。

モダン・グラインド・コーヒーは13044ウェスト・ランチョ・サンタフェ・ブールバード( I-10 及び マクダウェル・ロードの間、ダイサート・ロードの外れ)に位置し、この秋に営業を開始する予定となっています。

エイボンデール市はモダン・グラインドの実店舗第一号店がオープンする都市となります。

グッドイヤー市を拠点とするこの企業は、オンライン(moderngrindcoffee.comにてコーヒー及び紅茶を販売しています。

大勢の群衆の中で行われる通常の起工式とは異なり、出席者は(ソーシャルディスタンシングのガイドラインに従い)最小限の人数で行われました。そして、この起工式の様子はFacebook ライブ及びインスタグラムにてライブ配信されました。

エイボンデール市の経済開発局長のケン・チャパ氏は、「私たちは、エイボンデール市にモダン・グラインドを迎えることができ、非常に嬉しく思っています。そして、リボンカット・セレモニー(リボンを切る記念式典)及びグランド・オープンの際には全ての皆様にご出席いただけることを楽しみにしております」と述べました。

また、チャパ氏は、「COVID-19は私たちの地域社会の企業に甚大な影響をもたらしました。この地域の企業の皆様に知っていただきたいことは、私たちは皆様を支援するためにいるということです。私たちは今日ここに、起工式やリボンカット・セレモニーといった重要な節目を記念するためにいますが、ただ、いつもとは少し異なる方法で行っているに過ぎません」と言葉を加えました。

エイボンデール市はレディー・トゥー・サーブ・キャンペーンを今月に入って開始しました。このキャンペーンは、エイボンデール市の多くのレストランが現在も営業していること、そして街頭で、またはデリバリー及びテイクアウトで、サービスを提供しているという認識を高めるために行っています。

このキャンペーンに参加しているレストランの一覧は経済開発局のウェブサイトavondaleedge.comにて確認できます。

また、エイボンデール市の経済開発局は、最近、隔週で開催されるエイボンデール・ビジネス・コネクション会議を開始しました。本会議は、エイボンデールの企業に、SBAプログラム(米国中小企業庁が提供するプログラム)、ソーシャルメディア戦略、無料のツールやリソースなどの広範囲に渡るトピックの主題専門家の協力を得て、協働する場を提供しています。

COVID-19に関連する小規模企業対象の情報やツールの詳細は、グッドイヤー市経済開発局のウェブサイトdevelopgoodyearaz.comにて確認できます。

不動産投資及び土地資産の会社であるウォルトンは、バッカイ市のミスティック・ビスタ・マスタープラン及びビスタ・ボニータ・マスタープランの290エーカーを売却したことを公表しました。

ウォルトンの広報担当者は、この「最近」売買決済を実行した土地の売却額については公表していません。MPCディベロップメンツ社は、アパッチ・ロード及びサウザン・アベニューに位置するミスティック・ビスタ地域内、145エーカーの土地を購入しました。

ミスティック・ビスタは、全域が564戸の戸建住宅用の住宅用地として指定されています。

また、ビラ・カプリ・モバイル・ホーム・パーク社は、アパッチ・ロード及びブロードウェー・ロード付近に位置するビスタ・ボニータ・マスタープラン内、125エーカーの土地を購入しました。これら二つのプロジェクトは、約500戸の戸建住宅の住宅用地として設定されています。

過去には、ビスタ・ボニータ内、20エーカーの土地が水道施設の新設のためにバッカイ市に売却されています。

昨年今頃に行われた調査によると、バッカイ市はアメリカ国内で最も急成長している都市であることが明らかになっています。

そして、バッカイ・バレー商工会議所によると、バッカイ市では2019年に26件のマスタープラン型コミュニティーが承認されており、また2,651戸の戸建住宅着工許可が下りていることから、バッカイ市の成長スピードは減速していないと言えるでしょう。

 

ウォルトン取締役ジェン・ルビー氏は、「バッカイ市は高い需要と成長の双方により、絶好のチャンスがもたらされている優良な投資市場です」と述べています。そして「ウォルトンは、現在、バッカイ市における他のマスタープラン内の物件を、国内屈指の大手住宅建築業者に売却する交渉も行っております」と言葉を加えました。